売却時の税金について

土地売却の検討を始めると査定金額ばかりに目が行きがちですが、もう一つの重要なポイントとして売却時の税金について知っておきましょう。

 

土地売却により大きな収入を得ると、所得税、住民税などの税金の対象になります。これらの税金について知るためには、国税庁のホームページに「タックスアンサー」など詳細なQ&Aが参考になります。

 

最初の段階としては、言葉の意味を調べることから始めてみましょう。
たとえば不動産売却サイトなどの窓口に相談する際に、言葉の意味を知っているとスムースに話を進めることができます。

 

以下に土地売却や査定に関するキーワードの説明を簡単にまとめましたので参考にしていただければと思います。

 

1)取得費

 

土地や家を買ったときの代金+仲介手数料などの合計。

 

2)譲渡費用

 

仲介手数料・立ち退き料・査定などにかかった費用・売る場所に建物があった場合の取り壊し費用などの合計。

 

実際には、より詳しい知識としてこれらの金額以外にも知っておくべき費用があります。しかし、まずはこの2つの言葉をしっかりと理解しておくことで、土地売却に関する税金については困ることがないと思います。

 

勉強となると気が重くなるかもしれませんが、土地売却のためにより有利な条件で取引を進めるためにも、知っておきたい知識なのです。